その他

恐ろしや寄生虫

投稿日:

今週はアニサキスという寄生虫にヤラれてました。。。
今回は人生初の経験にしては激痛を伴いすぎたので、まずは思い出として、そして自身も食を提供する身として、忘れないように書いておこう
 
2月17日(土) 22時ごろ
よく行く居酒屋さんで食事。揚げ物、おひたし、そしてしめ鯖を食べる。原因を辿るとしめ鯖が一番可能性として濃厚。
 
24時ごろ帰宅。就寝。
 
2月18日(日) 4時ごろ
身体中が痒くなり起きる。1時間くらいでおさまる。
 
8時
胃痛で起きる。去年、空腹時に胃酸が多くて痛くなる胃炎を経験してたので、軽い食事と水分をとれば痛みは軽くなるだろうと思いきや、全然治らず。
 
9時
次第に痛みが強くなり、焦り始める。
日曜なのでいつも行く消化器科の入ってるお医者さんはお休み。気休めに漢方胃腸薬を服用するがビクともせず。
 
10時
知人からの情報と、食品衛生責任者の資格を取った時の勉強内容を思い出しつつ「あれ、これ、アニサキスじゃね・・?」と、焦り始め、痛みは最高潮に。
 
どんな痛みかというと、約1分に一度、断続的に胃袋をトゲ付き手袋で握りつぶされる感じです。
 
11時
ネットで「胃痛 日曜 世田谷 病院」とかで検索し、一番近いところに連絡すると、うちは詳しいお医者が今いないということで、消防庁が提供している医療機関案内の電話番号を教えてもらい、そこに連絡する。
 
俺「胃が痛くて、もしかすると寄生虫かもしれませ」
らへんで食い気味におっさんが
 
おっさん「はい、内科ですね〜機械音声が3つほど案内しますので、メモのご用意を〜」
 
痛みでいっぱいいっぱいでツッコむ余力もなく、3つ案内された病院全てに連絡するも、内視鏡を使える人が今いない、ということで一蹴され、この四面楚歌状態と激痛でどんどん心細くなり、といって歩ける余裕もなく、人生初の救急車をコール。
 
12時ごろ
救急車に乗る。救急隊の方が僕のバイタルを片手に搬送先の病院に連絡、4つ目にしてやっと見つかる。世田谷中央病院。
 
が!
 
到着した病院にも内視鏡を使える医者はおらず、歳をとったお医者が「痛み止め、点滴でやろうよ」と、点滴して、痛み止めを処方されて、終わり。
え、診察らしい診察されてないんだけど!
 
俺「これで終わりですか?」
お医者「1日したらアニサキスが胃の壁からポロっと取れるから、大丈夫」
 
本当に大丈夫なのか・・・てかそれ、ひと晩この激痛を我慢しろってこと?最悪アニサキスは胃を食い破って穴を開けるって言ってた気が・・
 
不安はそのまま体に表れ、点滴終わり頃にやはり痛みだし、処方された痛み止めもまったく役に立たず。
 
タクシーに乗り、身内が総出で検索しまくり&連絡しまくりで見つけてもらった胃カメラのある、日曜もやっている病院に滑り込み、摘出。だいたい18時くらい。
ちなみにこの病院は世田谷区ではなく、西側にお隣の調布市の病院。調布おなかと内科のクリニックさん。僕の状況を察知し、優先して緊急の摘出手術をしてくれました。
 
世田谷区のど真ん中に住んでてもこんな救急の体制、こんな医者の処置、東京出てきてから10年以上払っている俺の保険料と都民税は何に使われてるんだろうと悲しくなりました。。。日曜だしねって言ってきた保安系の公務員の知り合いがいましたけど、土日に人間は病気にならないとでも思ってるのでしょうか。。。
 
なんとなく救急車呼ぶのって遠慮しちゃうけど、今回の経験から断言できるのは
 
・ヤバかったら救急車はじゃんじゃん呼ぶ
・痛いところ、苦しいところは大げさに伝える
・胃痛で世田谷中央病院搬送は地獄行き
 
です。なんにも過剰に書いてないよ。
今回も比較的体力も体重もある俺だったからギリギリ我慢できたけど、これがか細い女性とか、子供とか老人だったら、、、と思うと恐ろしい。
 
都内でこんなんだから、もっと医療機関の少ない地方だと悲惨だろうな・・・
 
てことで、しばらく生の青魚が食べづらい俺です( ^ω^ )

-その他

執筆者:


  1. wajitsu より:

    お疲れ様だねえまあ重症ノ可能性がなきゃ中々がんがん取り扱ってくれないしね悲しい事に。昔救急車は乗ったことあるけどまあマスク当てられたことかなー覚えてるうちの処置。あの時は自分のバランスを考えてもわかんなかった時期だしあっ話逸れてしまった
    一匹で良かった。。10匹くらい居たらもう胃ボロボロでしたもの。。
    トリアージ的な考えなのかなー救急車は別に引け目が無いなら呼ぶべき。辛いもの。
    大学病院が近くにあるからまあアニサキスいても大丈夫かな?←

  2. slocci より:

    お久しぶりです。

    無事に摘出できて良かったです(;_:)

    幼い時にイカをさばいていた母に呼ばれて初めて見たのが
    イカの身に埋まって少し出て動いていたアニサキスでした。
    その時に「生の魚、特にイカや青魚には居るから気をつけて」と
    教えられました。

    ニュースになったりして近年突然出てきたかのように思われがちですが
    ずっと昔からいてますよね、アニサキス。

    とにかく本当にご無事で何よりです。

  3. 匿名 より:

    本当に本当にご無事で良かったです…!!(泣)

    何かもう色々酷すぎて悲しいやら腹立たしいやら…力いっぱい机バーン!てやりたい衝動に駆られました。病人に対する態度じゃないでしょう!!何で病人の心細さとか不安に寄り添えないの!?信じられない!!そしてなんでそんなに内視鏡使える先生ことごとく不在なんでしょう…どこか1箇所くらい居てくれても…(´;ω;`)
    滑り込みで摘出手術してくださった病院の存在が神々しく感じる…本当にご無事で良かったです。心からお疲れ様でした…。゚(゚´Д`゚)゚。

  4. uri より:

    ごめんなさい、上記コメントに名前入れるの忘れました(汗)
    失礼致しました(>_<)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

最近のコメント